安全性証明書
 
Safety Certificate(安全性証明書)・・・PDFファイル
◎上の画像をクリックしてください。印刷用PDFファイルが表示されます。
■Safety Certificate
   
Grodan Group
Postbus 1160
6040 KD Roermond
Tel +31 (0)475 35 30 10
Fax +31 (0)475 35 35 66
E-mail info@grodan.nl
www.grodan.com
Chamber of Commerce
Roermond 13025986  
   
   
   
To Whom this may concern
From J.M.W. Cuypers
Manager Research & Development Grodan Group
Date 13 July 2005

Safety Statement Rockwool/Grodan Fibres in
Horticultural Stone Wool Substrates

Based on scientific risk-assessments by independent research institutes (e.g. the Fraunhofer Institute and the International Agency for Research on Cancer-IARC), European/international requirements, legislation and current state-of-the-art knowledge, we state that the fibres in Rockwool/Grodan stone wool substrates are not related to asbestos and pose no risks for the use or safety of human beings, plants and the environment in normal use.

General safety aspects of fibres

In general, when exposed to airborne fibres, these fibres may enter the human body through the lungs by inhalation1. In the lungs, a defensive mechanism is triggered aiming to isolate and eliminate the “foreign elements” by removing, amongst others, the foreign elements by dissolving them. The health risk (which may lead to cancer) is dependant on the time the foreign elements stay within the lungs. This depends on the chemical composition of the fibre and the local physiological circumstances within the part of the lung where the foreign element is present. The smaller in diameter the fibre, the deeper it can penetrate into the lungs and the more possible damage it can do.
Asbestos fibres are from a natural origin and have the capability of breaking down into extremely tiny fibres. Rockwool fibers do not have this characteristic and maintain their original shape and do not split up into finer fibres.
Scientific investigations (e.g. the Fraunhofer Institute and the IARC) established that the residence time of Rockwool HT fibres present in the lungs is short; half-life time < 40 days has been established for the Rockwool HT-fibres of Grodan. Based on this half-life time, which indicates the speed by which the fibres are cleared from the lungs, the Rockwool fibres are exonerated from any cancer classification by the authorities.

  1. When stone wool fibers are used appropriately and following user guidelines, the amount of airborne fibers is very low. Independent investigations show levels which are far below the maximum allowed Mac (maximum allowance concentration) values, even in production environments.


Safety classification of Rockwool/Grodan HT fibres

Rockwool/Grodan produce stone wool substrates only on the basis of HT-fibres, which are fully biosoluble.
This is regularly tested by independent research institutes. Moreover, the World Health Organisation and the European Union defined international legislation regarding cancer classification of fibres.

  • Certification of the Fraunhofer Institute for Drug Research and Clinical Inhalation in Germany: this institute conducts bio-persistence studies after intratacheal installation of fibres. The Fraunhofer Institute is an independent and highly respected institute. It complies with EU- legislation regarding cancer classification of fibres and co-operates with the IARC. Rockwool/Grodan acquired the Fraunhofer certification in 1999 based on half-life time < 40 days in accordance with Guideline 67/548/EWG Note Q (intratracheal instillation).
  • Other research conducted by independent bodies: the IARC co-ordinates and conducts research on the causes of human cancer, the mechanisms of carcinogenesis, and develops scientific strategies for cancer control. Based on the evaluation made by IARC, using results from different studies (e.g. of RCC, the Fraunhofer Institute), it was concluded hat the Rockwool (HT) fibres are exonerated form any cancer classification.
  • EU legislation on man-made vitreous fibers (MMVF): Guideline 67/548/EWG Note Q. Our HT stone wool -fibre is a MMVF that fulfills European regulatory requirements for exoneration from any cancer classification by national or international bodies.

Based on the above information we state that our fibres are exonerated from any carcinogenic classifications. Our fibres are not related to asbestos and pose no risks for the use or safety of human beings, plants and the environment in normal use.

Yours sincerely,
Ir. J.M.W. Cuypers
Manager Research & Development Grodan Group

■安全性証明書 翻訳
  2005 年7 月13 日
関係者各位殿  
  J.M.W.Cuypers
グロダングループ
研究開発部長
グロダン・ロックウール繊維(施設園芸用ロックウール培地)の
安全性に関する声明
グロダン社は第三者研究機関(Fraunhofer 研究所及び国際癌研究機関-IARC 等)による
科学的なリスクアセスメントを基に、欧州及び国際的な要求と法令そして現在の技術
水準において、グロダン・ロックウール培地はアスベストとは何ら関連するものでは
なく、通常の使用において人体及び植物と環境に対する安全性に危険を呈するもので
はないことを声明します。

繊維の一般的安全性考察

一般的に飛散する繊維に暴露された場合、これらの繊維は吸入(注1)によって肺から体内に 入る可能性があります。肺の中ではこの異物を分離し排出する目的で他の異物の場合と 同様に分解、排出すべく防御機能が働きます。健康へのリスク(発ガン性起因)はこの 異物が肺内に留まる時間により左右されます。これは繊維の化学的構成と異物が存在す る肺の局部における生理的状況などに影響されます。繊維径が小さければ小さい程、 異物は肺に深く入り込み被害を及ぼす度合いの可能性が高まります。
アスベストは天然繊維で非常に細かい繊維に裂ける特性を持ちます。ロックウール繊維 はこの特性を持たず、原型を維持しますのでより細かい繊維に分裂することはありません。 Fraunhofer 研究所と国際癌研究機関-IARC による科学的な調査はグロダン・ロックウー ルのHT 繊維が肺内に滞留する時間は半減期40 日同等以下と短いことを証明しました。
この半減期40 日同等以下とは、繊維が肺から取り除かれるスピードを示し、グロダン・ロ ックウール繊維は関連機関の如何なる発がん性分類枠からも除外されています。

グロダン・ロックウールHT 繊維の安全性分類

グロダン・ロックウール培地は、生溶解性のHT(注2)繊維のみを原料としています。その 生溶解性繊維は第三者研究機関によって定期的にテストされており、更に、またWHO (国際保険機構)及び欧州連合は繊維の発がん性分類に関する国際的法令を定めています。

  • ドイツの薬理・臨床吸入研究機関Fraunhofer institute の証明書
    この研究所は繊維の経気道投与後の生残性に関する研究を行っています。同研究 所は独立した権威ある研究所で高い評価を得ています。またこの研究所はEU が 定める繊維の発がん性分類に関する法令に従って調査・研究を行うIARC 国立癌研 究機関の協力機関であります。
    グロダン・ロックウールはガイドライン67/548/EWG Note:Q(経気道投与試験)に従っ て得られたい半減期同等以下の証明を、同研究所より1999 年に取得しました。
  • 第三者機関によって実施されたその他の研究
    IARC 国際癌研究機関は人間の発がん原因と発がん性のメカニズムに関する研究の 調整や管理を行い、がん抑制の為の科学的方針の開発に努めています。
    RCC(Global Contract Research Organization in Switzerland)やFraunhofer Institute 等で実施された異なる試験結果を用いた結果、IARC による評価に基づき、 グロダン・ロックウールHT 繊維は如何なる発がん性分類からも除外されると結論 されました。
  • 人造ガラス状繊維(MMVF)に対するEU 法令:(ガイドライン67/548/EWG Note:Q) グロダン・ロックウールのHT 繊維は、欧州及び国際機関による如何なる発がん性 分類からも除外されるEU の法的要件を満たした人造繊維です。
(注)
  1. ロックウール繊維が適切な用途に使用され推奨される取り扱い方法に従った場合、風 媒繊維の発生量は非常に少量です。独立機関による調査で示された値は弊社工場の 生産環境においてもMac 値(最大許容濃度値)に比べて格段に低い値でありました。
  2. HT はHigh Temperature(高温)を意味し、元来断熱資材としての高温での能力を高める目 的で開発されました。
  3. 原文に記述される“Stonewool”の名称は、“Mineral wool”(鉱物繊維-アスベスト等 を含む)とは異なり国際敵法令に基づく発がん性分類から除外された安全な人造繊維 であることを位置付ける目的で使用する固有名詞であり、石綿(アスベスト)を意味 するものではありません。

 
 

Copyright©2006 エアリッチ・アーチング栽培研究会 ALL RIGHT RESERVED

■会員専用ページはこちらからログインしてください。⇒