歴代会長挨拶|バックナンバー  エアリッチ®・アーチング®栽培研究会 会長 小畑和敏

歴代会長挨拶
エアリッチ®・アーチング®栽培研究会 会長 小畑和敏 

  このたび、当研究会の会長に就任致しました小畑和敏です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。当会は平成3年設立後、17年が経過致しましたが、このように長く継続しているのは、会員皆様の日頃のご協力があったればこそと深謝申し上げます。

  当初、会員が手を組んで特許で日本の生産者を守ろうと致しましたが、特許に対する理解不足もあり、第一段階ではこのチャンスを逃してしまったのではないかと思います。今や海外から、それも考えもしなかった国からバラ切り花が輸出され、他産業同様、当業界も国際化の域に入っています。

  この状況はもはや変えることはできません。従って、国際競争を認めた上で「今後どう戦うか」が重要であり、そのためには海外産のバラでは決して満たされないレベルのバラ作りをしていくことが必要であると考えます。それには、高品質はもちろん、プロダクト・アウト型から脱し、消費者ニーズを掴むことが基本ではないかと思います。

  次に、どこから輸入されてくるかを見てみますと、「赤道直下の高冷地」という一つのキーワードがでてきます。それらの国々の栽培環境は日本に比べて非常にリスクが少ないということができます。これに対抗するためには、「栽培環境作り」が重要です。そのために掛けられる投資は輸出国が輸出の部分に掛けているコストが限度でしょう。 加えて、「高品質の商品を安定供給」できるようにしなければなりません。これができないために輸入品が増大してきた経緯があるからです。

  勝ち残るチャンスはまだ十分にあると考えます。そのためにも、当会には種々の事業企画がありますが、会員皆様と一つになって取り組んで参りたいと思います。難局を打開すべく、会員一人ひとりが知恵を出し合い、「新しい時代が求めるもの」を追求し、皆様と共に発展していきたいと決意を新たにしております。また、後継者の皆様には未来の夢と可能性にチャレンジして頂きたいと期待しております。

  今後共、横田前会長と相変わりませず、ご指導、ご鞭撻頂けますよう何卒宜しくお願い申し上げます。



..........................................................................................
..........................................................................................
COPY © 2007 エアリッチ®・アーチング®栽培研究会 ALL RIGHT RESERVED